日本史

NO IMAGE 受験生向け漫画

藤原氏の他氏排斥、漫画を読んでイメージを固める

藤原氏の他氏排斥の流れは入試でよく狙われますが、苦手なまま入試を迎えてしまう受験生も多くいるかと思います。漫画を読んでイメージを固めましょう!
塾弁レシピ

平賀源内の功績を塾弁に

江戸時代の蘭学者・平賀源内の功績をまとめた塾弁レシピです。 前回ご紹介した漫画『風雲児たち』にも勿論登場します(ワイド版4~6巻)。
受験生向け漫画

やっぱり歴史漫画でこれの右にでるものはいない

「歴史に興味を持ってもらいたい」と20~30巻前後の学習まんがを購入される方は多いと思います。日本史の入門として、この手のタイプの学習まんがは大変優れていますが、どうも感情を入れにくいと思うこともあります。 そこで今回ご紹介するのは〈学習まんが〉とは全く別のタイプの歴史漫画『風雲児たち』(著:みなもと太郎,リイド社)です。
受験生向けお菓子

古事記に思いを馳せる和菓子

令和元年となった今年は『古事記』に関する出題が増えるような気がします。そこで今回の受験生向けお菓子は「風の菓子 虎彦」の『破れ饅頭』です。
受験生向けお菓子

歴史学習のお供に葵の御紋

江戸時代を学習中の受験生にぴったりなお菓子『葵きんつば』は日光東照宮の近くの和菓子店「日昇堂」のお菓子です。 想像していたよりも、小ぶりで可愛いきんつばです。寒天が多めのプリッとしたきんつばというよりは、しっとりとした薯蕷饅頭に近い気がします。日光のお菓子ということを意識的に食べると、日光東照宮=徳川のイメージもしっかり定着します。
塾弁レシピ

豊臣秀吉の全国統一を塾弁に

豊臣秀吉に関するそれぞれの出来事は、前後関係があやふやになりがちです。そこで年表形式で記憶できるお弁当を作りました。おかずの配置をビジュアルとして記憶に残しておきます。試験中に「ランチパックは……しいたけよりも端にあったな」とイメージできるようになるのが目標です。食べるよりもむしろ、詰める方が勉強になるかもしれません。
受験生向けお菓子

文学史もお菓子で攻略!紀貫之といえば??

今回の受験生向けお菓子は高知銘菓、青柳の『土左日記』です。 日本最古の日記文学、紀行文、かなで書かれているなど、問いにしやすい要素の多い『土佐日記』は文学史の中でも頻出の作品です。覚えることの多い文学史で「あっ、あの和菓子!」と思い出せるようになります。国語、社会(日本史)の両方に役立つ銘菓です。
NO IMAGE 受験生向けお菓子

社会・文化史が学べるギフトを発見!

前々から書こう書こうと思っていたのですが、新ブログ移転に手間取っているうちに、この商品?の最盛シーズンを過ぎてしまいました。が、まだ間に合うのでこのお菓子(お菓子以外もアリ)についてから。 日本史スイーツ界で今、最もホットなトレンドは東京国立博物館限定ギフト